GS1QRコード

モバイルで利用するGS1QRコード紹介パンフレット

モバイルで利用するGS1QRコードアプリケーションの概要と利用方法を紹介したパンフレットです。
モバイルで利用するGS1QRコード パンフレット 

GS1QRコードの誕生

商品のパッケージ上に表示したバーコードを携帯電話/スマートフォンで読取ることで商品情報などへアクセスする手段について、新しいGS1標準が作成されました。
商品コード(GTIN)と、商品に関連する情報やサービスを提供するウェブサイトのURLを2次元シンボルに表示する方式です。
このとき、データを表現する2次元シンボルとして、QRコードを使うことができます。商品のパッケージに、POSレジ等の読み取り用に表示されたJANシンボルとともに、このGS1QRコードを表示できることになります。

GS1QRコードの表示例
code

GS1QRコードとは

GS1QRコードは、GS1のアプリケーション識別子(各種データをバーコードに表示する際の標準ルール)を利用して、所定の方式でデータをシンボルに書き込んだもののことです。一般的なQRコードと区別するため、「GS1 QRコード」と呼びます。 現在の用途はこのモバイルでの商品情報やサービスの提供に限られており、商品コードと商品関連の情報提供用URLを表現するのが基本です。商品コードの属性情報も表現ができます。
  • アプリケーション識別子についてはこちら
  • GS1QRコードシンボルの概要はこちら

GS1QRコードを使用したモバイル・アプリケーションにより期待される効果

  1. 商品コードとURLとの組合せて表示することで:

    ①企業やブランドなど大まかな単位で行っていた情報提供から、商品そのものに関する情報ページへの素早い誘導が可能になります。

    ②同じブランド/メーカーのキャンペーンであっても、「どの商品を購入したお客様が参加しているのか」、「購買商品と年齢や性別の関係」等のデータが取りやすくなり、より有効な情報収集ができるようになります。

  2. 標準的な商品コードやデータ列を利用することで:
    他のシステムやデータベースと連携も可能になります。
  3. 商品コードより細かい属性情報も、URLとリンクして表示が可能であることで:
    ロットやシリアル番号などを利用した情報提供やマーケティングの可能性も広がります。

GS1QRコードを利用する際の留意点

GS1QR コードの活用する際には、仕様にしたがった表示と、シンボルの読取と読み取ったデータの処理をすることが必要です。流通システム開発センターでは、読取やデータ処理等の環境を整えるべく、現在準備中です。
実装に際して

問い合わせ先

一般財団法人流通システム開発センター
ソリューション第2部 市原栄樹

GS1仕様のQRコードシンボルとは

GS1QRコードでは、GS1のデータであることを示す記号であるFNC1と、アプリケーション識別子をシンボルに表現します。同じデータを使っても、上記の違いにより、従来のQRコードとは、モザイクの模様も変わります。この方式も、QRコードのISOおよびJIS規格に規定されています。

QRコードの規格:ISO/IEC 18004 および JIS X0510:2004

モバイルにおけるGS1QRコードの実装について

  1. シンボルに表示する情報と順序(基本)
    GS1QRコードでは、シンボルの先頭にモード識別子としてFNC1モードを置きます。次に、AIを利用して商品コード、URLを表します。
    現在、GS1QRコードの用途として認められているモバイルアプリケーションでの利用では、商品識別コードと商品関連の情報提供用URLの2つのアプリケーション識別子データを一緒にシンボル化します。 
    データの順番は、AI(01)(商品コードの数字14桁)+AI(8200)(商品関連情報やサービスのURL、英数字最大70桁まで)です。
    URLのAI 定義
    8200 ブランドオーナーの指定する商品関連の情報提供URL
    X1……X70   (可変長70桁、英数記号使用可能)

    注1.AI(01)とAI(8200)の組み合わせは必須条件です。
    注2.アプリケーション識別子を示すカッコ()は、人の目で見てデータの区切りをわかり易くするためのもので、シンボルには表現しません。
    注3.この2つのAIに加えて、他のAIをGS1QRコードで表すことも可能です。

    AI(01)GTIN が4912345000057で、+AI(8200)商品URLがwww.dsri.jpの場合のデータを表現したGS1QRコード

  2. GS1QRコードのデータ展開(処理)について
    GS1QRコードでは、データを読み取った後の展開にも一定のルールがあります。
    表現データを、以下のルールで展開することが規定されています。
    例: 読取データ: 01049123450000578200www.dsri.jp
       ↓
       データ展開 01049123450000578200www.dsri.jp
       ↓
       URL生成  www.dsri.jp/04912345000057
    • 先頭の01を含め16ケタまでが、商品コードと理解する。
    • 商品コードが終わった後に続く数字、8200を除き、そのあとのURLデータを先頭に置く。
    • URLの終わりに、スラッシュを加える。
    • スラッシュの後ろに、読み取り時には先頭にあった16ケタから、最初の"01"を除いた14桁の数字の部分を続ける。
      最終的なURL: www.dsri.jp/04912345000057
  3. シンボルの選択肢
    モバイルのアプリケーションでは、GS1QRコードもしくはGS1データマトリックスの2つのシンボルから、ブランドオーナーが利用シンボルを選ぶことができます。
      *院内用医薬品・医療材料での情報提供URLの利用は
    GS1データマトリックスに限ります。

TOP