GS1登録事業者情報検索サービス(GEPIR:ゲピア)

GS1登録事業者情報検索サービス(GEPIR:ゲピア)を利用される方はこちら 

GEPIRとは

「GS1登録事業者情報検索サービス」(GEPIR)とは、GS1(旧:国際EAN協会)の傘下にある各国の流通コード機関から企業コードの貸与を受けている企業情報を、共通のシステムでインターネットを通じて提供するサービスの一環として、わが国では一般財団法人流通システム開発センターからJAN企業(メーカー)コード及びGLN専用企業コードの貸与を受けている企業の情報を、インターネットを通じて提供するものです。
このサービスは商品コードに関する国際機関であるGS1で合意された方針に基づき実施され、国際的にはGlobal Electronic Party Information Registry(国際EAN協会のGS1への名称変更に伴い、Global EAN Party Information Registry より改称)と呼ばれています。
現在、GEPIRの検索件数は年間200万件を超えており、非常に多くの人に利用されています。

GEPIRの利用方法

登録企業情報は以下の3つのうち、いずれかの情報を入力すれば、当センターの検索サイト( http://gepir.dsri.jp/ )から簡単に検索することができます。
また、当センターからJAN企業(メーカー)コード・GLN専用企業コードの貸与を受けている企業情報のほか、GS1に加入している国または地域の中で、すでにGEPIRのサービスを実施している企業情報も検索することができます(ただし、検索できるデータは英語もしくは当該国の母国語によるサービスの場合があります)。

企業情報を検索するには

登録企業に関する情報を検索するには、次のいずれか方法により企業情報の検索ができます。

  1. 『商品コード』による検索
     JANコード、EANコード(以上、標準13桁、短縮8桁)、UPCコード(12桁)、集合包装用商品コード(14桁)、またJANやUPCなどを包含した国際標準の商品コードであるGTIN(14桁)を入力することで登録企業情報が検索できます。
     また、JANコードの場合はJAN企業(メーカー)コード(7桁または9桁)でも検索することができます。
  2. 『グローバル・ロケーション・コード(GLN)』による検索
     国際的な共通のロケーションコードである13桁のGLNでも登録企業情報を検索することができます。
    わが国の場合、JANコードをベースとしたGLNが検索できるほか、2007年3月より、GLN専用企業情報、登録GLN情報検索サービスの検索サービスを開始しました。
  3. 『企業名』による検索
     検索しようとする企業名を漢字やカナなどで入力することで登録企業情報を検索することができます。

企業情報を検索するには

  1. 登録企業名
  2. JAN企業(メーカー)コードもしくはGLN専用企業コード
  3. 所在地
  4. 郵便番号など
GEPIRの経緯
主 な 動 き
2003年 当センターが2003年5月から日本語表記のみによる"GEPIR"のサービスを開始。
2007年 3月、GLN専用企業情報、登録GLN情報検索サービスを開始。
2015年 7月、GEPIRサービスを全面リニューアルし、名称・URLを変更。

TOP