標準化活動について

識別コード

モノや場所などを識別するGS1標準の識別コードと、製造年月日などの属性情報を表示するためのアプリケーション識別子があります。

バーコード

さまざまなコード情報をスキャナなどの機械で自動読み取りできる形式で表したもので、用途別にJANシンボルをはじめ、色々な種類があります。

2次元シンボル

2次元方向に情報を持ち、多くの情報を小さなスペースに表示できます。代表的なシンボルに GS1 DataMatrix や GS1 QRコードがあります。

EPC/RFID(電子タグ)

無線電波を利用してICチップの中のデータを読み書きします。離れたところから一括読み取りでき、様々な業種・業界で活用されています。

EDI(電子データ交換)

流通BMS®は、消費財流通業界で唯一の標準となることを目標に策定しているメッセージと通信プロトコル/セキュリティに関するEDI標準仕様です。

GS1国際標準化活動

GS1標準は、 標準策定の仕組みであるGSMP (Global Standards Management Process)での審議を経て承認され公開されます。

ヘルスケア

医療の安全 (患者安全) と質の向上、製品の流通や医療事務の効率化、トレーサビリティの確保などを図る活動をしています。

TOP