JICFS/IFDBとは

JICFS/IFDBの仕組み

JICFS/IFDBへの商品情報の登録は
「無料」です。
JICFS/IFDBのデータは、ディストリビュータ、再販業者を通じて低料金でご利用頂けます。
JICFS/IFDBと連携している業界商品データベースに登録された商品情報は、自動的にJICFS/IFDBにも登録されます。

図
拡大図はこちら>>

業界商品データベースとの連携

JICFS/IFDBは、現在、各業界が中心となって進めている「業界商品データベース」との連携を推進しています。
商品メーカーは、JICFS/IFDBと連携の取れている「業界商品データベース」に登録するだけで、共通している基本データ項目がJICFS/IFDBに自動的に登録されます。
(JICFS/IFDBへ改めて登録する必要はありません。)

JICFS/IFDBはこんなところで使われています

 
POSシステムを使用するのに必要な商品マスターとして利用される他、POSレシートに打ち出される商品名にJICFS/IFDBは利用されています。   JICFS/IFDBを利用した商品マスターから店舗の棚札作成を行うことも可能です。
 
JICFS/IFDBは商品マスターの作成・メンテナンスや、各種伝票・帳票等の作成で利用されています。   JICFS/IFDBの商品情報は棚割提案(プラノグラム)にも利用されています。

TOP