GS1事業者コード・JANコード Q&A

ひとつ前のページへ戻る

9. その他 多く寄せられる質問

9-1. JANコードは原産地を表していますか?

JANコードは商品の原産地を表わすものではありません。
JANコードは、商品のブランドを持つ事業者がどの事業者か、さらに該当する事業者のどの商品かを表わしているものであり、商品の原産地を表わしているものではありません。
詳しくは「JANコードの国コードと原産国について」をご参照ください。

9-2. JANコードの先頭が、02や20~29から始まるものがありますが、これはどのようなものですか?

先頭が「02」もしくは「20~29」で始まっているものは、「インストアマーキング」と呼ばれるものです。
小売業が店舗内で販売している量り売り商品、生鮮食品、惣菜等に利用されています。詳しくは「ソースマーキングとインストアマーキング」をご参照ください。

9-3. 小売店のPOSレジで、バーコード(JANシンボル)を読み取ると商品名や価格が表示されますが、どのような仕組みとなっているのですか?

小売店では、JANコードとそれに対応する商品名や価格を、予めPOSシステムの商品マスタというデータベースに登録しています。
POSレジは、バーコード(JANシンボル)をスキャンすると、読み取ったJANコードをもとに、商品マスタを検索して、紐づけられている商品名や価格などを表示し、レシートに印字しています。
JANコード13桁はデータベース検索のためのキーとなる数字であり、13桁の数字そのものに商品情報や価格が入っているわけではありません。

9-4. なぜ日本の国コードは「49」と「45」二つがあるのですか?

当初、日本の国コードは「49」のみでしたが、GS1事業者コードの登録件数の増加により、1992年11月にGS1(GS1事業者コードの国コードを管理している機関)より、国コード「45」の割り当てを受け、日本の国コードは二つになりました。
1995年5月以降、新規登録の事業者には、国コード「45」から始まるGS1事業者コードが貸与されています。

9-5. 2001年以降、なぜ、9桁GS1事業者コードが貸与されるようになったのですか?

GS1に加盟している国が100カ国を超え、JANコードが設定される商品も急増しました。
一方、日本におけるGS1事業者コード登録事業者のJANコード利用状況は、1,000アイテムを超える企業が1割にも満たないことが確認されました。
このような状況下にあり、GS1は将来にわたって現在の総桁数の13桁を維持していかなければならず、JANコードの体系の見直しが必要と判断し、各国のコード管理機関に9桁GS1事業者コードの採用を勧告し、わが国もそれに従ったものです。

9-6. 9桁GS1事業者コードでは999種類の商品にしかJANコードを設定できませんが、1,000種類以上の商品がある場合はどうしたらよいですか?

GS1事業者コードの登録申請時点で、JANコード設定予定数が1,000アイテム以上である場合は、登録申請書にその旨を記入することで、GS1事業者コード(9桁)が2コード以上貸与されます。
またGS1事業者コード登録後に商品アイテム数が増えた場合は、追加申請手続きをとることでGS1事業者コードが追加で貸与されます。詳しくは「商品アイテム数が増えてコードが足りなくなったとき」をご参照ください。

9-7. GS1事業者コードには7桁と9桁がありますが、先頭の7桁が同じ数字になった場合、JANコードが重複してしまうことはないのですか?

GS1事業者コードは7桁と9桁で当センターが発番する領域を分けているため、重複することはありません。
先頭3桁により、次のように分けられています。
456~458 ⇒ (9桁GS1事業者コード)
450~455 ⇒ (7桁GS1事業者コード)
490~499 ⇒      〃

9-8. 7桁GS1事業者コードの貸与を受けていますが、今後、9桁GS1事業者コードに変更となるのですか?

7桁GS1事業者コードを貸与されている事業者は、3年ごとの更新手続きを行えば、引き続き同じ7桁GS1事業者コードを使用し続けることができます。
ただし、7桁GS1事業者コードを返還した後、再度登録申請した場合は、9桁GS1事業者コードが貸与されます。

9-9. 「GS1事業者コード」と「JAN企業コード」は異なるものですか?

名称が異なるだけです。
2012年4月より国際標準に対応し「JAN企業コード」から「GS1事業者コード」へ名称を変更しました。利用方法は一切変更ありません。

ひとつ前のページへ戻る

TOP