会長挨拶

林会長 当センターは流通システムの合理化・標準化のための専門機関として1972年に設立されて以来、さまざまな標準化とその活用システムの導入促進に取り組んで参りました。最も良く知られているJANコードは、当センターが加盟している国際標準化機関「GS1」の商品識別コード(GTIN)として世界中で利用が拡大しています。国内においても、消費財流通にとどまらず、インターネット販売や業務用商品流通、あるいは医療分野に広がりつつあります。
 商品以外でも企業・事業所識別(GLN)、物流で利用される通い容器の識別(GRAI)、コンテナなどの物流梱包識別(SSCC)など、GS1が推進する国際標準識別コードの存在は、経済のグローバル化が進む今日、ますます重要性を増しております。これらのコードを自動読み取りするためのGS1データキャリアには、1次元バーコード、2次元シンボル、RFID(電子タグ)など用途に合わせて各種用意されており、そこに書き込まれる情報の種類を判別するGS1アプリケーション識別子(AI)と合わせてその利用の拡大が見込まれます。
 さらに、インターネット対応の標準EDI(流通BMS)の推進、JANコードが表示された商品の属性情報のデータベース・サービス(JICFS/IFDB)、POS情報のデータベース・サービス(RDS)の提供などを通じて、流通システムのさらなる効率化と高度化の実現に向けた活動を展開しております。
 今後さらに進展すると予想される少子高齢化や地方における過疎化に対するライフラインとしての流通業の役割はますます高まっており、その活動を支える流通システムの合理化・標準化の重要性も増しております。また、日本の流通業が海外に進出したり、海外から日本に進出する流通業が増えておりますが、それに対応した流通システムの国際標準化に対する期待も高まっております。
 当センターは、このような常に変化する社会環境に対応した流通システム標準の開発と導入促進に努めてまいります。今後とも当センターの事業へのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2016年5月

一般財団法人 流通システム開発センター
会長 林 洋和

TOP