JANコード登録 JANコード登録

HOME > JANコード登録 > チェックデジット計算方法

JANコード、集合包装用商品コード(ITF)コードのチェックデジット計算方法

JANコードやITFコード、UPCコードのチェックデジットを求める場合は、下記の表にGS1事業者コード(JAN企業コード)や、商品アイテムコード等を入れると、自動的に計算されます。

なお、計算結果につきましては、各社の責任のもとでご利用ください。
(共通取引先コードのチェックデジットはこの計算方法とは異なりますので、ご利用できません)

【使い方】
GS1事業者コード(JAN企業コード)、商品アイテムコードを半角数字でご入力の上、「計算」ボタンをクリックしてください。

コード名 GS1事業者コード(JAN企業コード)、
商品アイテムコード
チェックデジット
JANコード (標準タイプ13桁)GTIN-13  
JANコード (短縮タイプ8桁)GTIN-8  
集合包装用商品コード(14桁)(ITFコード)
GTIN-14
この場合は先頭に1桁インジケータを設定します。
 
UPCコード (12桁)GTIN-12  

JANコード(標準タイプ13桁)はGTIN-13、JANコード(短縮タイプ)はGTIN-8、UPCコード(12桁)はGTIN-12、集合包装用商品コード(14桁)はGTIN-14と、それぞれ呼ばれることもあります。

JANコード(標準タイプ13桁)の例

チェックデジット計算方法は以下の通りである。
例えば、GS1事業者コード(JAN企業コード)"456995111"、商品アイテムコード"617"の商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。

JANコード(標準タイプ13桁)の方法

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。


  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"121"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"1"を引き算した答えの"9"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

JANコード(短縮タイプ8桁)の例

チェックデジット計算方法は以下の通りである。
例えば、GS1事業者コード(JAN企業コード)「491234」、商品アイテムコード「5」の商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。

JANコード(短縮タイプ8桁)の計算方法

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。


  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"54"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"4"を引き算した答えの"6"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

集合包装用商品コード(ITFコード)(14桁)の例

チェックデジットの計算方法は以下の通りである。
例えば、インジケータ"1"、GS1事業者コード(JAN企業コード)"456995111"、商品アイテムコード"617"の段ボール商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。JANコードのチェックデジットの計算式と同じである。

集合包装用商品コード(ITFコード)(14桁)の計算方法

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。


  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"124"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"4"を引き算した答えの"6"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

UPCコード(12桁)の例

チェックデジットの計算方法は以下の通りである。
例えば、UPCの企業コード"0614141"、商品アイテムコード"1234"の商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。

U.P.C. Company Prefix(UPC企業コード)(12桁)の計算方法

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。


  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"45"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"5"を引き算した答えの"5"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

"JANコードホームページへ戻る

ページの先頭に戻る