GS1事業者コード・GTIN(JANコード)Q&A

ひとつ前のページへ戻る

1. GTIN(JANコード)利用の基本ルールについて

1-1. GTIN(JANコード)について知りたいのですが、わかりやすい資料はありますか?

GS1事業者コード・GTIN(JANコード)のガイドブックとして「はじめてのバーコードガイド」があります。GS1事業者コード登録申請方法や、GTIN(JANコード)利用方法などについて詳しく解説していますのでご一読ください。
またGTIN(JANコード)入門動画ページにある動画もご参考にしてください。

1-2. 商品には誰がGTIN(JANコード)を設定するのですか?

その商品のブランドを持つ事業者(商品の主体的な供給者)が設定します。
GTIN(JANコード)は、「どの事業者の、どの商品か」を表わす商品識別番号です。商品のブランドを持っている事業者(商品の主体的な供給者)が、GS1 Japan(流通システム開発センター)へGS1事業者コードを登録申請し、商品にGTIN(JANコード)を設定します。

1-3. 取引先から、その企業のオリジナル商品の製造委託を受けました。この場合、どちらの企業がGTIN(JANコード)を設定すればよいですか?

製造委託元の企業(「取引先」)がGTIN(JANコード)を設定します。
GTIN(JANコード)は、その商品のブランドを持っている事業者(商品の主体的な供給者)が設定します。

1-4. 他社がブランドを持つ食品の製造委託を受け、自社の製造所固有記号を表示します。この場合、食品には自社のGTIN(JANコード)を設定するのですか?

設定しません。
GTIN(JANコード)は製造所固有記号とは一切関係がありません。GTIN(JANコード)は商品のブランドを持つ事業者が設定します。

1-5. 卸売業や小売業が、他社ブランドの商品にGTIN(JANコード)を設定することはできますか?

設定できません。
他社ブランドの商品を仕入れて販売している卸売業や小売業は、その商品のブランドを持っていないため、その商品にGTIN(JANコード)を設定することはできません。

1-6. 他社ブランドの商品をインターネット通販に登録・出品するにあたり、GTIN(JANコード)がついていない場合は、自社のGTIN(JANコード)を設定してよいですか?

設定できません。
商品にGTIN(JANコード)が設定・表示されてない場合は、その商品のブランドをもつ事業者へ、GTIN(JANコード)の設定・表示をするよう依頼してください。

1-7. GTIN(JANコード)を設定するには、商品ごとに登録申請をする必要がありますか?

いいえ、商品ごとに登録申請を行う必要はありません。
GS1事業者コードの登録申請が完了し、GS1事業者コードが貸与されれば、商品へのGTIN(JANコード)の設定・表示が可能になります。

1-8. GTIN(JANコード)の利用にあたって、GS1事業者コード登録申請料以外の利用料金はかかりますか?

かかりません。当財団への納付は登録申請料のみとなります。
バーコード(JANシンボル)の印刷費用については、印刷会社とご相談ください。
なお、GS1事業者コードを継続して利用する場合は、更新手続きを行い、更新申請料を納付する必要があります。

1-9. バーコードとは?

文字、数字、記号などから構成される「コード」を、太さの異なる暗色のバーと、明色のスペースの組み合わせ(バーコードシンボル)によって表現しスキャナなどの読み取り機器を用いて読み取れるようにしたものです。

1-10. GTIN(JANコード)とは?

GTIN(JANコード)は「どの事業者の、どの商品か」を表す「国際的な商品識別番号」です。商品のブランドオーナーである事業者(商品の主体的な供給者)が、弊財団より貸与を受けたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。通常バーコードリーダーで読み取れるようにJANシンボル(バーコード)の形で、商品パッケージ等に表示されます。

1-11. GS1事業者コードはGTIN(JANコード)を作るために必要ですか?

必要です。GS1事業者コードを用いてGTIN(JANコード)を設定します。詳細はこちらをご覧ください。

1-12. 製造者と販売者がそれぞれ別のGS1事業者コードを取得して、同一商品に異なるGTIN(JANコード/集合包装用商品コード)を設定することは可能ですか?

できません。GTIN(JANコード/集合包装用商品コード)の基本ルールはブランドオーナー(商品の主体的な供給者)が設定します。同一商品に対して同時期に、それぞれ製造者と販売者にて異なるGTIN(JANコード/集合包装用商品コード)を設定すると、流通上で混乱する原因になるため、避けてください。

1-13. GTIN(JANコード)がついていると日本製ということですか?

GTIN(JANコード)は、商品のブランドを持つ事業者がどの事業者で、どの商品かを表わすものであり、商品の原産地を表わすものではありません。
先頭が「45」「49」のGTIN(JANコード)は、商品のブランドオーナーが日本の事業者であることを表わしますが、商品の原産地を表わしてはいません。

1-14. 商品は販売するためには必ずGTIN(JANコード)、GS1事業者コードは必要ですか?

必ずしも必要ではありません。ただし、取引先等からGTIN(JANコード)の設定を求められる場合はあります。

1-15. 輸入した商品にGTINが表示されていません。

GS1の国際標準ルールでは、商品へGTINを設定、表示するのはその商品の商品ブランドを保有するブランドオーナーですので、ブランドオーナーへ表示を依頼してください。もし、表示を依頼しても受諾してもらえない場合は、暫定措置として、ブランドオーナーがGTINを表示するまでの間、輸入者などがGTIN(JANコード)を一時的に設定、表示することは容認されています。

ひとつ前のページへ戻る

TOP