GS1 Japan Data Bank(GJDB)とは?

 GS1 Japan Data Bank(略称 GJDB )は、「国内の中小規模のブランドオーナーにおける、GTINの設定や管理の負担軽減」を主な目的として、当財団が2019年10月より開始したサービスです。

GJDBは、GS1事業者コードを貸与された事業者である商品メーカー(ブランドオーナー)が、GJDBに商品の情報を登録することで、「GTIN(JANコード)の設定」、「GTINの管理」、「バーコード画像の生成/ダウンロード」が簡単にできます。さらに、登録された商品の情報は当財団に関連する国内外のデータベースにシームレスに公開されます。


GJDBでできること

バーコードシンボルの作成は、1事業者につき10件まで無料です(11件目から有料となります)。


GTINの設定が簡単にできる

 ブランドオーナーにとってGTIN設定の作業は、煩わしい作業です。しかし、GJDBを利用することで、その作業を簡略化できます。
GJDBにおけるGTIN設定までの流れは以下の通りです。

  • ブランドオーナーに貸与されたGS1事業者コードが一覧で表示され、その中から設定するGS1事業者コードを1つ選択します。
    (GS1事業者コードが1つしかない場合は、自動的に選択されます。)
  • 商品登録画面で商品名や商品説明、分類など、基本的な情報を登録します。
  • 「GTINを発行する」ボタンを押下すると、その商品にGTINが設定されます。(「アイテムコード」部分は、GJDBに登録されていないアイテムコードを自動で、設定し、かつ、GS1事業者コードと自動で設定したアイテムコードから、「チェックデジット」を自動計算し、GTINが設定されます。)
「GS1事業者コードを選択」し、「基本的な情報を入力」するだけで、GTINを設定することができます。


GTINの番号管理が簡単にできる

 GTINは、商品メーカーやブランドオーナーが責任をもって重複がないように正確に設定しなければなりません。
 設定したGTINの情報をシステムで管理していない場合、どこまでのGTINを設定したのかが分からなくなり、重複してしまうリスクが高まります。
 しかし、GJDBに自社の全ての商品の情報を登録しておけば、GJDBのシステムでGTINの番号が正確に管理されるので、GTINの重複の心配はありません。

 さらにGJDBでは、「どれだけのGTINを設定しているか(設定できるGTIN数がどれぐらい残っているのか)が、グラフで表示され、一目でGTINの設定状況を確認することができます。


GTINからバーコード画像が生成できる

 GJDBでは、商品情報を登録し、国内・海外のデータベースに公開すると、バーコード画像の生成とその生成された画像データのダウンロードが可能となります。
 バーコードシンボルの作成は、1事業者につき10件まで無料です(11件目から有料となります)。


GJDBに登録できる商品情報

 GJDBでは以下のような基本情報および画像情報が登録できます。


GS1 Japanに関連する国内外のデータベースにシームレスに連携できる

ブランドオーナーが開発した商品を広く販売するためには、商品情報を正確に共有し、アピールしていく必要があります。しかし、商品情報を共有するためには、PR先の方法にあわせて、都度、ブランドオーナーが商品情報を提供しなければならず手間となっています。
 GJDBでは、登録した商品情報をGS1 Registry Platformおよび、当財団関連のデータベースの
「JICFS/IFDB 」、「多言語商品情報データベース 」、「GJDB × scan」、「GEPIR」にシームレスに連携・公開されるので、国内外に自社の商品情報をPRすることができます。

GJDB × scan

GJDB × scan は、スマートフォンのカメラで商品のバーコードをスキャンすることで、GJDBに登録されている商品情報を表示するアプリです。iOS、Androidのストアからダウンロードでき、誰でも無料でご利用いただけます。

<主な機能>

  • バーコードをスキャンし、GJDBに登録されている商品情報を表示する機能
  • 表示された商品情報に誤りがある場合、それに関するコメントを入力し、フィードバックを送信する機能
  • 商品情報が表示されない(GJDBに登録されていない)場合、商品情報の登録依頼を送信する機能
  • 画像イメージ

    初期表示
    画像イメージ
    下までスクロール
    画像イメージ

    アプリのダウンロードはこちら

    iOS
    iOS向けQRコード
    android
    android向けQRコード

    本アプリの利用にあたっては、GJDB × scan利用規約が適用となります。
    GJDB×scan利用規約はこちら

    TOP