GS1 QRコード

GS1 QRコードとは?

 GS1 QRコードは、GS1アプリケーション識別子(AI : Application identifier)を使用して、所定の方式でデータをQRコードに表現したものです。一般的なQRコードと区別して、GS1 QRコードと呼びます。

 近年、一次元シンボルよりも情報を省スペースに表すことができる二次元シンボルの活用が期待されています。たとえば、食品原材料分野では、日付やロット単位で管理を効率化するために、GS1 QRコードの利用が広がってきています。また、流通段階での賞味期限の確認作業を効率化するツールとして、一般消費財のケース単位への適用にも期待が高まっています。 GTINとURL等を書き込んで、モバイルでさまざまな情報を提供することもできます。


一般消費財のケース単位への活用はこちら
食品原材料への活用はこちら
モバイルで利用するGS1 QRコードの紹介はこちら

GS1 QRコードにエンコードする情報の形式

 GS1アプリケーション識別子のルールにしたがって、GTINや賞味期限、ロット番号、URLなどの情報を表します。このとき、他のGS1標準バーコードと同様に、GS1標準バーコードであることを示すFNC1を先頭に置く必要があります。
 FNC1についての詳細はこちらをご覧ください。

GS1 QRコードのサイズ

 GS1 QRコードは正方形フォーマット全体で40種のサイズがあり、最小21x21モジュール、最大177x177モジュールです。これに4モジュールで周囲を取り囲むクワイエットゾーンが必要です。実際のサイズはモジュール幅によって決定されます。モジュール幅は、シンボルの作成、読み取り装置の対応能力などを勘案し、使用目的などによって定められています。GS1 QRコードの仕様の詳細はGS1総合仕様書や、ISO/IEC18004、JIS X0510を参照してください。

問い合わせ先

ソリューション第1部 グロサリー業界グループ
aidc@gs1jp.org

TOP