GS1事業者コード登録・更新制度の改定について

新制度における変更点のポイント


ひとつ前のページへ戻る


 今回の改訂のポイントは以下の通りです。
詳細につきましては下記リンク先をご参照ください。

  • (1) GS1事業者コードの登録更新手続きのサイクルを3年ごとから1年ごとの更新もしくは登録内容確認に変更
     変化のスピードが益々速まっている事業活動に対応して、現在3年ごとに実施しているGS1事業者コード登録更新手続きを、有効期限が2021年10月以降の事業者からGS1各国の情報管理水準に合わせて、1年ごとに変更いたします。
    <適用時期と対象事業者>
    • ・有効期限が2021年10月以降の既存の事業者
    • ・2021年8月以降、新規にGS1事業者コードの登録申請する事業者
  • (2)GS1事業者コード 標準タイプとして貸与する桁数に10桁を追加
     これまで当財団では、事業者が必要とする商品アイテム数に応じて、9桁(または一部7桁)のGS1事業者コードを貸与してまいりましたが、2021年8月以降はこれに加えて、10桁のGS1事業者コードの貸与も開始いたします。
    <適用時期と対象事業者>
    • ・2021年8月以降、新規または、追加してGS1事業者コード 標準タイプの取得を希望する事業者で、商品アイテム数の利用予定数が100アイテム以下の事業者
  • (3) GS1事業者コード・短縮タイプの貸与ルールの変更
     現在GS1では、サイズの小さな商品に使用する短縮タイプのバーコード(GTIN-8)については、特にコード資源が限られていることから、1商品アイテムごとに8桁のGTIN-8ワンオフキーを1コードずつ貸与する方式へルールを変更しています。
     これまで当財団では、一定条件のもと短縮タイプのバーコードの必要性が認められた事業者には、6桁のGS1事業者コードを貸与してまいりましたが、2021年8月以降は国際ルールに合わせて、1商品アイテムごとにGTIN-8ワンオフキーを貸与する方式へ変更いたします。
     GTIN-8ワンオフキーはインターネット申請のみとなります。
    <適用時期と対象事業者>
    • ・有効期限が2021年10月以降の既存の事業者
    • ・2021年8月以降に新規でGS1事業者コードを登録した事業者
  • (4) GLNワンオフキー・13桁の貸与を開始
     近年、流通BMSの普及などを背景として、企業識別コードをはじめとするGLN(注8)の利用が少しずつ拡がっています。しかし、現状では必要なGLNの数が限られる(1、2個程度)ケースも多く、GS1事業者コードを取得していない卸小売業などの事業者からは、より柔軟なコード貸与制度が求められてきました。
     当財団では、こうした少数のGLN利用ニーズに対応して、新たに13桁のGLN (GLNワンオフキー)の貸与を開始いたします。これにより、GLNを必要な数だけ、(GS1事業者コードよりも)低額の登録申請料で利用することが可能となり、事業者の負担軽減を通じてGLNの普及を後押ししていくことが期待されます。
    <適用時期と対象事業者>
    • ・ごく少数のGLNに限って利用を希望する事業者に対し、2022年5月以降に貸与を開始予定

  (注1)GTIN-8ワンオフキーは、事業者に対して8桁のGTINを1商品アイテムごとに貸与するものです。
 (注2)GLNワンオフキーは、事業者に対して13桁のGLNを1コードずつ貸与するものです。

(1) GS1事業者コードの登録更新手続きを3年ごとから1年ごとの更新もしくは登録内容確認に変更

<適用時期と対象事業者>

・有効期限が2021年10月以降の既存の事業者
・2021年8月以降、新規にGS1事業者コードの登録申請する事業者

 変化のスピードが益々速まっている事業活動に対応して、現在3年ごとに実施しているGS1事業者コード登録更新手続きを、2021年8月以降はGS1各国の情報管理水準に合わせて、1年ごとに変更いたします。
 GS1事業者コードに関わる情報がよりタイムリーに更新されることにより、GS1事業者コードやGTINなどの正確性や信頼性が高まり、GS1標準の変更にもスピーディに対応可能になるなど、事業活動の円滑化が期待されます。また、登録申請料および更新申請料は、従来の3年払いに加えて、新たに1年払いの選択が可能となり、事業活動に合わせてより柔軟でムダのない登録更新手続きとなります。

(改定のポイント)

  • ① 2021年8月以降、GS1事業者コードの登録更新手続きは、1年ごとの更新もしくは登録内容確認が必要となります。
  • ② 登録申請料および更新申請料のお支払いは、1年払いと3年払いの選択制となります。
  • ③本変更は、GS1事業者コード 標準タイプ(9桁、7桁)、短縮タイプ(6桁)に加えて、2021年8月から新設されるGS1事業者コード10桁、およびGTIN-8ワンオフキーの登録更新手続きから適用されます。

(2)GS1事業者コード 標準タイプとして貸与する桁数に10桁を追加

<適用時期と対象事業者>

・2021年8月以降、GS1事業者コード 標準タイプの取得を希望する事業者で、商品アイテム数の利用予定数が100アイテム以下の事業者

 これまで当財団では、事業者が必要とする商品アイテム数に応じて、9桁(または一部7桁)のGS1事業者コードを貸与してまいりましたが、2021年8月以降はこれに加えて、10桁のGS1事業者コードの貸与も開始いたします。
 これにより、近年のネット販売の普及などに伴って急増しているアイテム数が少ない小規模事業者などにおいても、より適切な桁数によるGS1事業者コードの貸与が可能となり、コード資源の有効活用の促進が期待されます。

(改定のポイント)

  • ① 2021年8月以降、GS1事業者コードの取得を希望する事業者で、商品アイテムコードの利用予定が100アイテム以下の事業者には、10桁GS1事業者コードの貸与を開始します。
  • ② 登録後、取り扱いアイテムが増えた事業者は、必要なアイテム数に応じて複数のGS1事業者コードの追加申請が可能です。
  • ③ 10桁GS1事業者コードは、1000コード(9桁GS1事業者コード100コード、7桁事業者コード1コードに相当)までは登録更新料の追加はありません。
  • ④ 10桁のGS1事業者コードは、GTINのみではなく、GLNなどの各種GS1識別コードとしても利用できます。
  • ⑤ 既に9桁または7桁のGS1事業者コードを取得、使用している事業者は、現在使用しているコードをそのまま利用できます。コード体系の変更はありません。

(3)GS1事業者コード 短縮タイプの貸与ルールの変更

<適用時期と対象事業者>

・有効期限が2021年10月以降の既存の事業者
・2021年8月以降に新規でGS1事業者コードを登録した事業者

 現在GS1では、サイズの小さな商品に使用する短縮タイプのバーコード(GTIN-8)については、特にコード資源が限られていることから、1商品アイテムごとに8桁のGTIN-8ワンオフキーを1コードずつ貸与する方式へルールを変更しています。
 これまで当財団では、一定条件のもと短縮タイプのバーコードの必要性が認められた事業者には、6桁のGS1事業者コードを貸与してまいりましたが、2021年8月以降は国際ルールに合わせて、1商品アイテムごとにGTIN-8ワンオフキーを貸与する方式へ変更いたします。
 なお、標準タイプのバーコード(GTIN-13)は、縮小(注3)することにより、短縮タイプのバーコード(GTIN-8)とほぼ同程度のサイズに小さくすることが可能です。
 今後は可能な限り、GTIN-8に代えて、GTIN-13のご利用をお願いいたします。
 GTIN-8ワンオフキーはインターネット申請のみとなります。  

(改定のポイント)

  • ① 2021年8月以降、新規または追加で短縮タイプのバーコードの取得を希望する事業者には、1商品アイテムごとにGTIN-8ワンオフキーを貸与いたします。
  • ② GTIN-8ワンオフキーを取得するには、GS1事業者コードの貸与を受けている必要があります。
  • ③ GTIN-8ワンオフキーは、当財団が事前に必要性などの審査を行い、認められた場合に限り取得が可能です。
  • ④ GTIN-8ワンオフキーを取得する事業者は、GS1 Japan Data Bankへ商品情報の登録が必要です。
  • ⑤ 既存の6桁のGS1事業者コード・短縮タイプは、2021年8月以降も、更新していただく限り変更なく利用できます。


(4) GLNワンオフキー・13桁の貸与を開始

新型コロナウイルスに関連して、2021年5月以降に予定していたGLNワンオフキー13桁の貸与開始を1年間延期します。

<適用時期と対象事業者>

・ごく少数のGLNに限って利用を希望する事業者に対し、2022年5月以降に貸与を開始予定

 近年、流通BMSの普及などを背景として、企業識別コードをはじめとするGLN(注4)の利用が少しずつ拡がっています。しかし、現状では必要なGLNの数が限られる(1、2個程度)ケースも多く、GS1事業者コードを取得していない卸小売業などの事業者からは、より柔軟なコード貸与制度が求められてきました。
 当財団では、こうした少数のGLN利用ニーズに対応して、新たに13桁のGLN (GLNワンオフキー)の貸与を開始いたします。これにより、GLNを必要な数だけ、(GS1事業者コードよりも)低額の登録管理料で利用することが可能となり、事業者の負担軽減を通じてGLNの普及を後押ししていくことが期待されます。

(改定のポイント)

  • ① GLNワンオフキーは、事業者に対して13桁のGLNを1コードずつ貸与するものです。
  • ② GLNワンオフキーは、GLN以外のGS1識別コードとして使用することはできません。
  • ③ 従来のGS1事業者コードの申請か、ワンオフキー単位の申請かは、事業者に申請時に選択して頂きますが、GLNの利用増が見込まれる場合は、GS1事業者コードの申請をお勧めします。
  • ④ GLNワンオフキーを取得する事業者は、GLNデータベース(注5)へGLN情報の登録が必要です。
  • ⑤ 既に9桁または7桁のGS1事業者コードを取得、使用している事業者は、現在使用しているコードをGLNとしてもそのまま利用できます。コード体系の変更はありません。

  • (注4)流通BMSでは、送受信先の企業識別などにGLNを利用することが標準化されています。
  • (注5)GLNデータベースとは、個別ロケーションコードであるGLNの情報に関して、登録・公開管理するためのデータベース。


TOP