『GS1標準によるオムニチャネル環境の業務革新2020』
― オムニチャネルで利用が広がるGS1標準の現状と展望 -

1.企画趣旨

 GS1では、Amazon,Google,Alibabaといったeコマース事業者、ウォルマート、テスコといった小売業、P&G、ユニリーバ、ネスレといったメーカーと共に、国際的な情報システムの標準化を、2008年より断続的に進め、その普及を図ってきた。
 GS1 Japanでは、国内のコマースや流通の関係者向けに、GS1が推進するオムニチャネル環境における標準化と、国内先進企業の事例を紹介するセミナーを企画した。
実施概要等は以下の通り。

2. 実施概要

  • 予定日時  2020年10月23日(金) 13:30~16:30
  • 場  所  ウェビナー形式
  • 予定人数  100名 限定
  • 主  催  GS1 Japan (一般財団法人 流通システム開発センター)
  • 後援団体  順不同 予定
  •       モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)
  •       一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)
  •       一般社団法人 全国スーパーマーケット協会
  •       日本小売業協会
  •       日本チェーンドラッグストア協会
  •       日本ダイレクトマーケティング学会
  •       一般社団法人 日本自動認識システム協会
  • 受講料   無料

3.受講対象者

 商品メーカー、小売業、通信販売事業者、Eコマース事業者
 モバイル機器、ソフトウェアーサービス事業者

4. 申込方法

  リンクより、Webでお申し込みください。
  イベント申込ご案内:https://eventregist.com/e/U4B7xRijktFE
  開催数日前に、Webページをメールでご案内します。


5.内容 

(カッコは所要時間 :敬称略)
 13:30   開会     
 13:30-
 14:40 
 『EC通販で勝つBPO活用術』 
 (副題)アフターコロナを制するEC、消える
 EC,その差とは? 
 アフターコロナで勝つ物流センターとは? 
 株式会社スクロール360 
 常務取締役 
 ECフルサポート推進室長 
  高山 隆司 
 14:40-
 14:45 
 休憩     
 14:45-
 15:45 
 『世界のネット販売で利用拡大する 
  GS1標準』
 流通システム開発センター
 主任研究員 
 市原栄樹 
 15:45-
 15:50 
 休憩    
 15:50-
 16:20 
 『(国や機械メーカーなどでのgtin利用による 
  B2Bの利用促進』 
 〜リコール品流通阻止に向けた取り組み〜
 TDNインターナショナル㈱
 社長 渡辺吉明
 16:20-
 16:30 
 質疑     
 16:30   閉会     

6.問合わせ窓口

GS1 Japan(一般財団法人 流通システム開発センター) 
        ソリューション第2部 市原      
        email: partnership@gs1jp.org

TOP