SSCC(出荷梱包シリアル番号)

SSCC(エスエスシーシー)とは

SSCC(Serial Shipping Container Code)は、物流・出荷などの輸送用梱包単位の識別コードです。
パレットやコンテナ、ケース等の個々の物流梱包を一意に識別することができ、主に検品作業等の効率化に活用されています。
SSCCは、頭1桁の拡張子、GS1事業者コード、シリアル番号、チェックデジットの数字18桁で構成されています。拡張子とシリアル番号は、SSCCを設定する事業者が任意に設定します。チェックデジットの計算方法は、GTIN、GLNと同様です。

SSCCの利用状況

特にヨーロッパ各国を中心に、SSCCを使った物流ラベルの活用が進んでいますが、日本国内においても、一部の企業からSSCCの活用が広がってきています。
荷主や物流会社が、パレットやコンテナ、ケース等の梱包にSSCCを設定し、SCMラベル等にGS1-128シンボルでバーコード表示し、SSCCをキーとする事前出荷データを納入先に送信します。GS1-128シンボルにデータを表す際にGS1アプリケーション識別子(AI)を使用しますが、SSCCを表すAIは(00)です。納入先では、受領した梱包のSCMラベルのGS1-128シンボルを読取り、SSCCで紐付けされた出荷データを消し込みすることで、検品作業が完了し、検品のために梱包を解く必要がなくなります。

SSCCをGS1-128シンボルに表したイメージ

※シンボル見本は、実寸法ではありません

TOP