GTIN設定の基本原則

GTINは、サプライチェーン上にある全ての商品やサービスの取引単位ごとに、他と重複することなく識別・特定ができるように設定します。全ての取引単位とは、単品、中箱(ボール)、外箱(ケース)、パレットなどのことです。

GTINの設定における基本原則は、「1つの取引単位に対して1つのGTINを設定する」です。
2つの異なる商品(単品)や、ある商品の単品とケースのように取引単位として異なるものに、同一のGTINを設定することはできません。また、1つの取引単位に2つ以上のGTINを設定することもできません。

消費者購入単位(単品)や最小取引単位と、中箱、外箱、パレット等の集合包装とで、GTINの設定方法が異なります。


単品、最小取引単位

単品、最小取引単位には、GTIN-13(JANコード標準タイプ)を設定します。
商品の基本的な要素が異なる場合は、別々のGTINを設定します。
下記にあてはまる場合は、必ずGTINを分けて設定してください。

  • 取引上、別の商品として判別しなければいけない要素がある場合
  • 消費者に商品の違いを訴求したい場合
  • 商品の売上を分けて分析したい場合
サイズが異なる場合 大袋、中袋、小袋
正味内容量(重量、容量、個数等)が異なる場合 100g、200g、500ml、650ml
包装形態が異なる場合 袋入り、缶詰、瓶詰
色が異なる場合 ピンク、ブルー、ホワイト
味が異なる場合 カレー味、バーベキュー味
香りが異なる場合 ジャスミン、ブーケ
販売単位が異なる場合 3個入り、5個入り、15個入り
セット商品で中身(組合せ)が異なる場合 調味料2個と食用油3本入りセット
調味料3個と食用油2本入りセット

また、下記のような変更を行った場合には、従来品に設定されているGTINを変更し、新しいGTINを設定します。

新しいGTINの設定が必要な具体的な基準については、GTIN設定ガイドライン のP.12「新しいGTINの設定が必要になる10の基準」を参照してください。


集合包装

集合包装には、入数の違いごとに別々のGTINを設定します。また、従来品と販促品の集合包装を区別する場合や、集合包装の荷姿の違いを識別する必要がある場合(例:カートン包装とシュリンク包装を区別)にも、別々のGTINを設定します。
集合包装に設定するGTINは、集合包装の中に入っている単品のGTIN-13を基にしたGTIN-14(集合包装用商品コード)、または単品のGTIN-13とは異なるGTIN-13(いわゆる不一致型のコード)です。
集合包装の中に入っている 単品や最小取引単位に設定されているGTINを変更したら、集合包装のGTINも必ず変更します
商品の取引単位とGTINとの関係は、下記のように整理できます。

単品、最小取引単位 集合包装
GTIN-13
(JANコード)
GTIN-14
(集合包装用商品コード)
または
GTIN-13
(JANコード)

※消費者に販売する場合(ケース販売)
※インジケータ1~8を使いきった場合
など


※GTINの再利用について

一般的な商品では、一度設定したGTINは、メーカーによる商品の出荷停止後、最低4年間(48か月)は他の商品に再利用することはできません。アパレル・ファッション商品など、商品の切り替え、改廃が頻繁な分野の商品では、再利用ができない期間は2年半(30か月)に設定されています。医療製品など、GTINの再利用が認められていない分野もあります。
商品の出荷停止後、流通在庫がなくなっていても、取引先の商品データの処理が残っていたり、商品マスタにデータが残っていたりする場合もありますので、GTINの再利用はできるだけ避けることをおすすめします。
GTINの再利用を行う場合には、上記の期間にかかわらず、小売業や卸売業等の取引先における流通在庫や商品データの処理が残っていないことを事前に十分に確認してください。そして、再利用するGTINの新旧の商品情報を取引先に通知し、流通上で混乱が起こらないように留意することが重要です。

TOP