GTINの利用形態

GTINは、JANシンボル・ITFシンボルによるバーコード表示をはじめ、EDI(電子データ交換)などのシステム上での商品識別コードとしても、広く利用されています。さらに、GS1-128シンボル、GS1データバー、GS1 QRコード等の属性情報を併せて表示するバーコードや電子タグ(EPCタグ)にもGTINは使われます。


①JANシンボル、ITFシンボルでの利用

GTIN-13(JANコード)はJANシンボル、GTIN-14(集合包装用商品コード)はITFシンボルによる表示が、国内では最も一般的な利用形態です。

JANシンボルは、小売業のPOSでの精算、商品の発注、入出荷検品、在庫管理の際に読取り活用されています。

ITFシンボルは、物流センターや倉庫において、ソーター、コンベアライン、自動倉庫等で自動読取りされ、方面別・得意先別の仕分けに活用される他、入出荷検品や在庫管理に利用されています。


②システム上での利用(インターネット通販、EDI)

近年では、インターネット通販をはじめとして、POSシステムでのJANシンボルの読取りが必ずしも行われない分野においても、商品情報と紐づけされたGTINが、販売する商品の識別や、商品の名寄せ等、商品管理に活用されています。また、GTINはインターネットで配信される楽曲などのデジタルコンテンツの商品識別にも使われています。

さらに、受発注や出荷予定情報、請求情報等のデータを企業間で交換するEDI(電子データ交換)においても、GTINが活用されています。流通BMS等の標準的なEDIでGTINを取り扱う際には、14桁に揃えて利用します。


③GTIN+属性情報を表示したバーコードの活用

GTINとロット番号や製造日、賞味期限日、使用期限日などの属性情報を組み合わせて、GS1-128シンボルやGS1データバー、GS1 QRコードなどの各種バーコードに表示して、ロット単位での商品管理や在庫の先入れ先出し、トレーサビリティに活用することも可能です。 ヘルスケアの分野では、医療用医薬品や医療機器に、GTINに加えて有効期限やロット番号などが書き込まれたGS1データバー合成シンボル、GS1-128シンボルあるいはGS1データマトリックスが表示され利用されています。 加工食品の原材料・資材には、GTIN、製造日、賞味期限日(または消費期限日)、ロット番号等の情報が書き込まれたGS1 QRコードやGS1-128シンボルのようなバーコードを表示し、在庫管理や履歴管理に活用します。詳しくは、「原材料識別のためのバーコードガイドライン」を参照してください。 こうした情報をバーコードに表示する際には、 GS1アプリケーション識別子(AI)というルールにしたがい、GTINは14桁に揃えて扱います。

GS1 QRコード

GS1-128シンボル



④電子タグ(EPCタグ)での活用

アパレル・ファッション分野の商品を中心に、電子タグ(EPCタグ)が使われ始めています。これらの商品に付けられた電子タグには、同じGTIN-13(JANコード)のついた商品を1点1点個別識別することができるように、GTIN-13(JANコード)にシリアル番号を加えたSGTIN(Serialized GTIN:シリアル化されたGTIN)が書き込まれています。誤って同じ商品のコードを複数回読んでしまう心配がないため、検品や棚卸のように大量の商品の読取り確認をともなう業務の効率性、迅速性、正確性が向上します。

 

 


TOP