GTIN(商品識別コード)

GTINはGlobal Trade Item Numberの略で、JANコード(GTIN-13、GTIN-8)や集合包装用商品コード(GTIN-14)など商品・サービスに対して設定するGS1標準の商品識別コードです。商品の発売元、製造元、輸入元といった商品のブランドオーナーが、企業間で取引が行われる商品単位ごとに、他と重複することなく識別できるように設定します。

GTINは、POSでの精算(売上登録)をはじめ、商品の受発注、検品、仕分け、棚卸など、商品の流通に関わるさまざまな業務に活用されています。

GTIN設定ガイドライン ~GTINアロケーションガイドライン改訂版~ 2017年2月版 

GS1では、2016年にGTIN設定ルールの見直しを行い、6月に改訂版(GTIN Management Standard)を公開しました。この国際標準のGTIN設定ルールの改訂版をもとに、GTINアロケーションガイドラインの改訂版となるGTIN設定ガイドラインを作成しました。
ダウンロードしてご活用ください。

参考資料

TOP