GRAI(リターナブル資産識別コード)

GRAI(Global Returnable Asset Identifier)は、カゴ台車や折りたたみコンテナなどの、企業間で繰り返し利用する資産を管理するための識別コードです。GS1-128シンボルやEPCタグ(電子タグ)などによる利用が進んでおり、資産追跡、メンテナンス管理の向上などを実現できます。


GRAIの利用事例

食品を扱う物流企業では、カゴ台車にGRAIを書き込んだEPCタグを取り付けて資産として個体管理することにより、管理業務の効率化やコスト削減など、さまざまなメリットが確認されています。
  • カゴ台車管理業務の負荷低減
  • カゴ台車紛失による補充費用の削減
  • メンテナンス時期把握による資産管理の向上
EPC/RFID 導入事例 カゴ台車(動画)

TOP