AIのメリット

企業間・システム間でスムーズにやりとりできる

さまざまな情報をバーコード化し伝達する際、例えば「有効期限日」が年・月・日の順だったり日・月・年の順だったりと順序や桁数などがバラバラでは、企業間やシステム間でスムーズな情報交換ができません。
データ項目、桁数が標準化されたAIを利用することにより、企業間取引システムを正確かつ迅速に運用することが可能になります。

拡張性がある

複数のデータ項目を自由に組み合わせて表示することができるため、独自フォーマットに比べて、属性情報の追加や変更、削除が簡単です。 AIには企業内のみで使用できる項目もあります。AIの仕組みを導入することで、当面は社内利用でも将来取引先との間で属性情報のバーコード化が必要になったときも、システム投資が最小限で済み、迅速に対応することができます。

海外とのビジネスにも使える

AIは、世界110か国以上が加盟するGS1が定めたグローバル標準です。国内に限らず、輸出入など海外との取引においてもそのまま利用できます。

TOP