EPCの必要性

商品管理や資産管理のために、電子タグの利用が徐々に広がってきています。
電子タグがあちこちで使われるようになってくると、自社の電子タグ付きのものがある環境に他社が管理するものが混在してくる可能性も高まってきます。


こうした環境では、独自コードでは判別が難しく、また、コードが重複する可能性もあります。


また、バーコードと違って、電子タグは、電波が届く範囲のデータを読み取りますので、ねらった対象物以外のデータが飛び込んでくることもあります。


こうした状況に備えて、電子タグのデータをきちんと読み分けできるようにしておくことが重要です。


EPCは、GS1の傘下で標準化されたグローバル標準の識別コードです。
将来にわたって、利用者のみなさんが安心して電子タグを活用していくためにも、 ぜひ国内や社内で電子タグを導入する際にも、EPCの採用をご検討ください。

TOP