GS1 EPC/RFID標準仕様

EPCglobalネットワークシステムとGS1 EPC/RFID標準仕様

EPCglobalネットワークシステムは、各企業や事業所におけるモノの移動情報を相互に参照(可視化)するためのアーキテクチャです。電子タグの情報をどのように識別(Identify)、取得(Capture)、交換(Exchange)するかという3つの要素で構成されています。長く、安心してかつ便利に使えるように、核となる部分を標準化しています。
具体的には、EPCglobalネットワークを構成する各コンポーネント間のインターフェース仕様について開発を行っています。




GS1 EPC/RFID標準仕様書(原文/訳文)

流通システム開発センターでは、GS1 EPC/RFID標準仕様書の参考日本語訳を提供しています。


2017年7月現在 流通システム開発センターで提供している参考日本語訳

EPCデータ交換(Exchange)標準仕様

  • Certificate Profile v1.0.1
  • Pedigree Standard v1.0
  • Object Naming Service (ONS) v1.0.1
  • EPC Information Services (EPCIS) v1.2

EPCデータ取得(Capture)標準仕様

  • Application Level Event (ALE) v1.1
  • Application Level Event (ALE) v1.1 FAQ
  • Reader Management (RM) v1.0
  • Low Level Reader Protocol (LLRP) v1.0

EPCデータ識別(Identity)標準仕様

  • Tag Data Standard (TDS) v1.9
  • Tag Data Translation (TDT) v1.0
  • EPC/RFID UHF Air Interface Protocol (Gen2V2) 2.0.0

その他EPC/RFID関連ガイドライン

  • Tagged Item Grading: Testing Methodology Guideline
  • Tagged Item Grading: Test Configuration Guideline
  • Tagged Item Grading: Grade Definitions Guideline

TOP