電子タグ(EPC/RFID)入門講座

電子タグやEPC/RFIDについての基本についてご紹介する初心者向けの無料講座を開催しています。

電子タグとは

電子タグ(ICタグ、RFタグ、無線タグなど他にもさまざまな呼び方があります)は、無線電波を利用して非接触でICチップの中のデータを読み書きするRFID(Radio Frequency Identification)技術を利用したもので、「モノ」の識別に使われます。これまでバーコードだけでは実現できなかったような高度な管理や業務の効率化を実現するツールとして、注目が集まっています。

電子タグは、データを格納するICチップと小型のアンテナで構成されています。 ICチップには、識別番号や用途に応じて様々な情報が書き込まれます。通常、電子タグは電源を持っておらず、まずリーダ・ライタが発する無線電波をアンテナで受けることによって通信が可能になり、ICチップのデータの読み書きが行われます。


電子タグの特徴


電子タグで使われる主な周波数帯

電子タグで使われる電波の周波数帯には幾つかあり、その特徴の違いから、用途によって使い分けられています。
特にUHF帯電子タグは、読取り距離や一括読取りのしやすさ等の使い勝手のよさから、現在様々な業務で活用され始めています。

電波利用の免許・登録制度

使用する機器によっては、電波法にしたがって構内無線局の「免許取得」あるいは「登録」をする必要があります。
免許・登録申請方法については、総務省の以下のページをご参照ください。

各国のUHF帯割当て状況

UHF帯でRFIDに利用できる周波数帯は国ごとに異なります。
特に国と国をまたいで電子タグシステムを利用する場合には、注意が必要です。
電波を発するRFID機器は、各国の規制に従った製品を使用しなくてはなりません。
電子タグ(パッシブタグ)も使用する国によって読取性能に違いが出る可能性があり、グローバル対応製品の採用や事前調査をおすすめします。



GS1では、最新の各国のUHF帯の割り当て状況(英語原文)をまとめています。
UHF帯の割り当て状況

TOP