電子タグ(EPC/RFID)に関するQ&A

1. 電子タグ(RFID)とは何ですか?

電子タグはバーコード等と同様の自動認識技術の一つであり、商品コードなどの情報を人が手入力することなく効率的かつ正確にコンピュータに情報を取り込むためのものです。
電波を使って通信を行う技術を利用しており、この技術はRFID (Radio Frequency Identification) と呼ばれます。

2. 電子タグの特徴を教えてください。

UHF帯電子タグでは、電波が届く範囲にある複数の電子タグを、一気に高速で読み取ることができます。バーコードの場合、同じ商品であれば通常全く同じバーコードが付けられますが、電子タグは同じ商品でも個々に識別することができ、個数を瞬時に把握できます。
また、電波は遮蔽物*を通り抜ける性質があります。例えば、段ボール箱の中の電子タグを箱の外から読み取ることができます。(*金属や水を除く。)

3. 電子タグはどのような業務に活用できますか。

棚卸や検品など、多数の商品を数える、商品の特定を行うなどの業務の効率化に役立ちます。また、電子タグを利用することで作業履歴やデータの自動取得が可能になります。例えば小売店の品出し作業においては、電子タグの付いた商品を持ってアンテナの前を通るだけで電子タグのデータを自動で読み取り、記録するシステムを作ることができます。これにより、どの商品をバックヤードから売り場に移したのか、都度作業の手を止めてデータ入力を行う必要がなくなり、バックヤードと店頭の各在庫数の把握が容易になります。
取得したデータはEPCISなどを利用して複数の企業間で共有し、活用することもできます。

4. 電波が届く範囲であれば、電子タグを確実に読み取ることができますか?

金属や水が近くにあるなど読み取る際の環境によって読み取り性能が変化することがあります。電子タグの性質を理解した上で、効果的に活用するための運用方法の検討が必要です。

5. EPC (Electronic Product Code) とは何ですか?

JANコードに代表されるGS1標準の識別コードを電子タグで扱えるようにしたGS1識別コードの総称です。世界110か国以上が加盟するGS1が定めたグローバル標準ですので、国内に限らず、輸出入など海外との取引においても重複のない、ユニークなコードとして利用できます。
EPCには、商品の識別に利用するSGTINや繰り返し使う物流資材などの資産に利用するGRAIなど、様々な用途に合わせた識別コードがあります。詳しくは、EPC (Electronic Product Code)のページをご参照ください。

6. EPCの特徴を教えてください。

複数の電子タグを一括して読み込むためには、一つ一つの電子タグが個別の番号(シリアル番号)を持っている必要があります。
JANコードは商品のSKU単位に番号付けをしますが、電子タグで利用するEPCではJANコードにシリアル番号を付加し、一つ一つの個品に番号付けを行います。これにより、個品単位での識別が可能になります。(下図参照)

7. なぜ、EPCが必要なのですか?

EPCはグローバル標準の識別コードで、世界中の企業が使用できる電子タグの共通言語です。EPCを用いることで様々な企業が関わるサプライチェーンを効率的に運用することができます。 また、Q5記載の通り、EPCには用途に応じた様々な識別コードがあります。グローバル標準のコードを使うことで企業をまたいだシステムの運用が可能になるとともに、「商品のタグに書き込まれたコード(SGTIN)だけ」「カゴ台車のタグに書き込まれたコード(GRAI)だけ」というように、必要なコードだけに絞ったデータ活用も可能になります。

8. EPCの利用には費用がかかりますか。

すでにGS1事業者コードの貸与を受けている方は、現在お持ちの事業者コードを利用してEPCを設定できます。追加の登録手続きは不要です。

9. EPCIS標準とは何ですか。

サプライチェーン上の商品の動きを見えやすくする(可視化する)ことを目的として以下を規定するGS1標準です。
 ①可視化データのフォーマット
 ②可視化データを取得・共有するインタフェース
可視化データとは、サプライチェーンの中でどの商品(what)がどこ(where)にあるのか、いつ(when)そのビジネスプロセスが実行されたのか、サプライチェーン上の各地点で何が起きたのか(why)を示すデータです。
EPCIS標準を利用すれば、各取引先に合わせて個別にデータのフォーマットを変えることなく、各関係者が共通して理解できるデータ共有が可能になります。

TOP