通信制御手順

日本チェーンストア協会(JCA)は、加盟企業や当センターの協力で、BSC伝送制御手順準拠の標準制御手順(JCA手順)を開発し、これは1982年7月に、通商産業省(現 経済産業省)により流通業界全般の標準通信手順J手順として制定されました。
その後JCAは、OSIモデルの一つであるMHSを採用し、取引先データ交換標準手順(JCA-H手順)を開発し、当センターの協力で流通業界の標準通信手順として提案し、92年3月、通商産業省より国内標準H手順と命名され、普及促進を当センターが担当することとなりました。さらに、オープンシステム対応(TCP/IPの追加)等仕様を追加しました。
また、現在はインターネットを利用した新たなEDIとして流通BMSが開発され、S-S(サーバ-サーバ)手順としては、国際標準である「ebMS」と「AS2」を採用し、C-S(クライアント-サーバ)手順としては、国際標準技術であるSOAP-RPCを使用した「JX手順」(J手順て提供されていた通信制御の最低限の機能をインターネット上で利用できるように設計)を開発し公開しています。詳細については、流通BMS協議会のホームページを参照願います。

J手順とH手順の機能比較

機能 J手順 H手順 備考
適用回線
・電話回線
・DDX回線
・ISDN回線
・専用回線
 
通信速度
・2,400bps
・9,600bps 不可
64kbps 通信速度はH手順の方が約6~26倍速い
漢字伝送 不可 可能  
新機能   ・同報機能
・電子メール機能
・可変長データ伝送機能
H手順にはJ手順になかった機能を備えている

TOP