流通BMS システム設計ガイドライン

目次

システム設計編の概要

   1.1 目的と前提条件
   1.2 システム設計編の範囲
   1.3 導入作業の全体の流れと各章との関係

流通BMSの基本技術

   2.1 流通BMSとは 
   2.2 流通BMS通信手順概説
   2.3 流通BMSに関連するセキュリティ
   2.4 流通BMSのXML構造と処理方式

流通BMSシステムの導入

   3.1 流通BMS導入の進め方
   3.2 流通BMS適用範囲の検討
   3.3 システムへの影響範囲の明確化
   3.4 対応ソリューションの選定
   3.5 流通BMS製品の情報収集
   3.6 次期システム構成の検討
   3.7 開発稟議とベンダー選定

流通BMSシステムの構築

   4.1 流通BMSシステムとは
   4.2 ネットワーク環境の構築
   4.3 システム機器構成パターン
   4.4 システム環境の構築
   4.5 システム構築時の留意事項

流通BMSシステムの運用

   5.1 相対先との各種調整作業
   5.2 流通BMSのおける相互接続確認テスト
   5.3 システム稼動後の留意点

付録

   1 流通BMS通信手順概説
   2 電子証明書に関する留意事項
   3 システム形態(接続モデル)別の接続情報設定の留意事項
   4 雛形CPAの編集手順
   5 外部委託への対応
   6 障害対策
   7 JX手順に関する製品ベンダへの依頼事項
   8 FAQ
   9 Web型流通BMS
   10 流通BMSの導入効果

TOP