s07
2/3 7-1 バーコードの活用 (1/2)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
現在、多くの小売(こうり)業においてPOS(ポス)システムが導入されています。 POSシステムでは、あらかじめJANコードと、それに対応した商品の名称や価格などを、登録しておきます。 こうして作られた商品情報のデータベースを商品マスタといいます。 小売業のレジで、商品に表示されているJANシンボルをスキャンすると、 JANシンボルで表現されているJANコードがPOSシステムに入力され、 JANコードを基に商品マスタに登録されている商品名や価格などの情報が検索されて、POSレジの画面や、レシートに表示され、精算が正確に、早く、容易に行えます。 また、POSシステムで集められた販売情報は、販売実績の把握や在庫管理に利用されるだけでなく、商品を補充するための商品発注や、マーケティング業務に活用されています。