s05
2/5 5-1 集合包装用商品コードとは(1/2)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
集合包装(しゅうごう・ほうそう)用商品コードとは、企業間の取引単位である集合包装に対して設定する、14桁の商品識別コードです。 集合包装とは、同一の商品を複数個包装した、ケースやボール、パレットなどをいいます。 集合包装用商品コードは、商品の受発注(じゅ・はっちゅう)や納品、入出荷(にゅう・しゅっか)、仕分け(しわけ)、棚卸(たなおろし)管理などにおいて利用されます。 集合包装用商品コードは、国際的にはGTIN-14(ジーティン・じゅうよん)と呼ばれることもあります。 また、バーコード表示はITF(アイ・ティー・エフ)シンボルで行なうことが一般的であるため、国内では「ITFコード」と呼ばれることもあります。