s04
6/6 4-3 米国・カナダへの輸出(2/2)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
日本へ商品を輸入する場合、海外の商品に表示されているEAN(イアン)コードやUPC(ユー・ピー・シー)は、日本国内のPOS(ポス)レジなどで読み取ることが可能です。 海外へ商品を輸出する場合、JAN(ジャン)コードが表示されていれば、原則として、どの国や地域でもPOSレジなどで読み取りが可能です。 米国・カナダの事業者はUPCを使っていますが、これらの国では、UPCだけでなく、JANコードも読み取りできる機器が普及しています。 このため、米国・カナダにJANコードを設定した商品を輸出しても読み取りに問題はありません。 ただし、ごく一部の機器では、JANコードを読めない可能性があります。 米国・カナダに輸出する際は、事前にJANコードの読み取り環境があるか輸出先に確認してください。 輸出先がJANコードの読み取りに対応していない場合は、当センターにご相談ください。 これで第4章を終わります。理解度テストに進む場合は、画面右上のボタンをクリックしてください。