Home » イベント・講座 » 2015年度 流通BMS普及推進セミナー

title

 NTTが公衆回線網からIP網への移行方針を出し、2020年度後半にはINSネット(ISDN)データ通信の終了を案内しています。EDIにおいては、このタイミングでJCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順が利用できなくなる可能性が非常に高いとIT企業各社が判断しており、BtoBで調整が必要なEDIにおいては早めの対応が必要です。今後、流通BMSの導入はさらに加速していくことが予想されます。
 本セミナーではNTTからIP網移行の経緯と内容を説明しつつ、対象となる回線を利用しているかどうかの確認方法などを解説します。また、EDIへの影響、流通BMSの導入事例と最新情報などについて協議会事務局より報告し、日用品・医薬品大手卸のピップから自社事例を交えて、卸売業全体への影響とやるべきことを紹介し、加えて、導入事例を小売業より紹介いたします。なお、より具体的な内容を知っていただくために、小売導入事例では導入を担当したIT企業より補足説明を行い、会場では流通BMSのロゴ許諾IT企業数社よりパンフレット配付も行います。
 多数の関係者のご参加をお待ちしております。

日時

【大阪】2016年4月21日(木)14:00~16:30(受付開始 13:30)

プログラム

時間 内容
14:00
(30分)
「INSネット(ISDN)データ通信」終了に向けたIPへの移行について (仮題)
NTT西日本 マーケティング部 業務推進部門
ネットワークサービス担当 担当課長
山下 健司 氏
14:30
(30分)
必要なEDI対応と流通BMS導入事例および最新情報
流通BMS協議会 流通システム開発センター
ソリューションサービス本部
ソリューション第2部
事務局
15:00 休憩 (10 分)
15:10
(30分)
卸全体への影響とピップの流通BMS対応事例
ピップ(株)
情報志向型卸売業研究会(通称:卸研)
執行役員 情報システム室 室長
座長
松本 寿一 氏
15:40
(50分)
流通BMS 導入成功のマインド(仮題) サポートIT企業補足説明
コストコホールセール ジャパン(株)
情報システム部 システムアナリスト
松本 英之 氏
NTTコムウェア
16:30 閉会

※プログラム、講師は、予告無く変更となる場合があります。予めご了承下さい。

定員

70名 受付を終了いたしました
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※申し込み多数の場合、各社で受講人数を制限させていただく場合がございます。

受講料

無料

会場・お申し込み

TKP新大阪カンファレンスセンター
6Fホール6B

大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-4
新大阪センタービル6F

<交通>
JR新大阪駅 北口 徒歩5分
大阪市営御堂筋線 新大阪駅 4番出口 徒歩2分

受付を終了いたしました

主催

流通BMS協議会(流通システム標準普及推進協議会)
TEL:(03)5414-8505
E-MAIL: ryutsu-bms@dsri.jp
http://www.dsri.jp/ryutsu-bms/