Home » イベント・講座 » 2015年度 流通BMS普及推進セミナー

title

NTTが公衆回線網からIP網への移行方針を出し、2020年度後半にはINSネット(ISDN)データ通信の終了を案内しています。EDIにおいては、このタイミングでJCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順が利用できなくなる可能性が非常に高いとIT企業各社が判断しており、BtoBで調整が必要なEDIにおいては早めの対応が必要です。今後、流通BMSの導入はさらに加速していくことが予想されます。
本セミナーではNTTからIP網移行の経緯と内容を説明しつつ、対象となる回線を利用しているかどうかの確認方法などを解説し、EDIへの影響、流通BMSの導入事例と最新情報などについて協議会事務局より報告します。また、日用品・医薬品大手卸のピップから自社事例を交えて、卸売業全体への影響とやるべきことを紹介し、小売業の導入事例をヤオコーより紹介いたします。なお、会場では流通BMSのロゴ許諾IT企業数社よりパンフレット配付も行います。
多数の関係者のご参加をお待ちしております。

日時

【鹿児島】2016年2月25日(木)14:00~(受付開始13:30)

プログラム(予定)

時間 内容
14:00
(30分)
「INSネット(ISDN)データ通信」終了に向けたIPへの移行について
NTT西日本 マーケティング部 業務推進部門
ネットワークサービス担当 担当課長
山下 健司 氏
14:30
(30分)
必要なEDI対応と流通BMS導入事例および最新情報
流通BMS協議会 流通システム開発センター
ソリューションサービス本部
ソリューション第2部
事務局
15:00 休憩 (10 分)
15:10
(30分)
卸全体への影響とピップの流通BMS対応事例
ピップ
情報志向型卸売業研究会(通称:卸研)
執行役員 情報システム室 室長
座長
松本 寿一 氏
15:40
(40分)
流通BMS導入メリットと将来の活用戦略
ヤオコー

日本スーパーマーケット協会
情報システム部 副部長
兼 統括・WEB担当部長
情報システム委員会 委員長
神藤 信弘 氏
16:20 閉会

※プログラム、講師は、予告無く変更となる場合があります。予めご了承下さい。

定員

30名 受付を終了しました。
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※申し込み多数の場合、各社で受講人数を制限させていただく場合がございます。

受講料

無料

会場・お申し込み

オロシティーホール 2F中会議室
鹿児島市卸本町6番地12

<交通>
車:
鹿児島中央駅より30分、谷山ICより10分

バス:
鹿児島交通2番線、鹿児島市営14番線
「松崎」バス停で下車後徒歩10分
※JR「谷山駅」市電「谷山電停」前バス停より乗車いただけます。

受付を終了しました。

主催

流通BMS協議会(流通システム標準普及推進協議会)
TEL:(03)5414-8505
E-MAIL: ryutsu-bms@dsri.jp
http://www.dsri.jp/ryutsu-bms/