GS1事業者コード・JANコード Q&A

ひとつ前のページへ戻る

2. GS1事業者コードを初めて登録する方の手続きについて

2-1. 個人でもGS1事業者コードを申請し、商品にJANコードを表示できますか?

商品のブランドを持つ事業者であれば、個人であってもGS1事業者コードの申請をし、商品にJANコードを表示できます。

2-2. まだ設立されていない法人でもGS1事業者コードを申請できますか?

申請できません。
法人は法務局への登記が完了し、国税庁から法人番号(13桁)が通知されたあとで申請が可能になります。

2-3. 申請から「GS1事業者コード登録通知書」が届くまでどのくらいかかりますか?

ネット申請の場合、当センターが登録申請料の入金確認後、申請内容に不備が無ければ約7営業日です。登録申請書による申請の場合は約2週間です。
申請内容に不備があった場合は、さらに日数を要する場合もありますのでご了承ください。
なお「GS1事業者コード登録通知書」は普通郵便で届きます。届き次第、登録通知書に記載されたGS1事業者コードをご利用いただけます。

2-4. GS1事業者コードの登録を急ぎで行ないたいのですが、どうしたらよいですか?

お急ぎの場合はネット申請を利用し、申請料の支払方法はコンビニ支払いまたはペイジー支払いをお選びください。

2-5. GS1事業者コードの申請にあたって準備するものはありますか?

登録申請書に記入(入力)するおもな項目は次のとおりです。事前にご確認いただくとスムーズに記入(入力)できます。

  • 事業者名(法人の場合は登記簿上の正式名称)
  • 英文事業者名(定められた英文事業者名がある場合のみ)
  • 代表者氏名
  • 法人番号(法人の場合のみ。個人や任意団体は不要。法人番号とは、国税庁から法人に通知される13桁の数字です。国税庁 法人番号公表サイトで検索が可能です)
  • 事業者所在地、TEL
  • 担当者氏名
  • 事業者の業態・年商(詳しくはGS1事業者コード登録申請料をご確認ください)
  • GS1事業者コードの利用用途(例:JANコード)
  • JANコードを設定する商品のジャンル(例:タオル、加工食品、文房具など)

登記簿や決算書、開業届の提出は必要ありません。また、印鑑の押印は不要です。

2-6. 「設定予定商品アイテム数」はどのように記入すればよいですか?

JANコードを設定する商品の種類の数を記入してください。ブランド別、容量別、色別、サイズ別、柄別などに分けて数えた場合の商品アイテム数です。

2-7. 登録申請料の請求書を発行してもらうことはできますか?

ネット申請の場合は、WEB画面上での申請手続きが完了した後にお問い合わせフォームからご要望ください。その際、申請番号・事業者名を必ず入力してください。当センターより請求書を郵送いたします。
登録申請書による申請の場合は、申請書の裏面に「要請求書」と朱書してご提出ください。当センターより請求書を郵送いたします。

2-8. JANコード設定予定商品アイテム数が1,000を超え、9桁GS1事業者コードが2コード必要となる場合、申請料は2倍になりますか?

2倍にはなりません。
9桁GS1事業者コードは100コード単位で申請料が発生します。このため合計100コードに達するまでは申請料が変わりません。
(※ここでいう100コードとは、JANコードが100コードという意味ではありません。9桁GS1事業者コードが100コードという意味です)。

2-9. アパレルメーカーで、5万以上の商品アイテム(SKU)がありますが、7桁GS1事業者コードの貸与は受けられますか?

申請時点で、向こう3年間のJANコード利用予定アイテム数が5万以上あれば、7桁のGS1事業者コードが貸与されます。
ただし、商品アイテム数の予定状況を確認するため、別途手続きが必要です。手続きについてはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

2-10. 旧冊子「バーコード利用の手引き」に付属の登録申請書で申請できますか?

申請できます。その場合、申請書裏面に記載の旧料金が適用されます(ただし、料金表が消費税率5%で計算されていた場合、8%で計算しなおした額が申請料となります)。

2-11. 登録申請書の申請項目にある「年商」は、JANコードを設定する商品のみの売上高を記入するのですか?

いいえ、「直近の年間決算における事業者全体の総売上」を記入してください。
GS1事業者コードは事業者に貸与され、事業者全体でご利用いただけるコードですので、事業者全体の売上高をご記入ください。

ひとつ前のページへ戻る

TOP