GS1事業者コード GS1事業者コード

HOME > GS1事業者コード > JANコード表示までの作業手順

JANコード表示までの作業手順

<標準タイプ(13桁JANコード)のコード構成> 9桁のGS1事業者コードの場合

商品アイテムコードを自社で設定する

個々の商品を表す「商品アイテムコード」は自社で重複のないように設定し正確に管理して下さい。
(商品アイテムコードの基本的な設定方法を動画で見る:「JANコードを作成する(2分))

商品アイテムコードの設定方法

商品アイテムコードは、商品ごとに異なる数字を設定します。
下記のルールに従って設定をしてください。(以下は、9桁GS1事業者コードが貸与され、商品アイテムコードが3桁の場合の説明)

① 001~999の範囲で事業者が任意に設定できます。

② 新しい商品や、仕様が異なる商品(容量、味、色などが異なる)には異なる商品アイテムコードを設定してください。

③ 商品アイテムコードは、001から順番に002、003…と設定する方法をお勧めします。一部の桁を商品分類別や、部門別の数字として使用すると、変更があった際に管理が難しくなるので避けてください。

※GS1事業者コードが7桁の場合、商品アイテムコードは5桁になり、00001~99999の範囲で設定できます。

商品アイテムコードの設定基準

下記に該当する場合は、それぞれ異なるJANコードを設定してください。原則として、商品の仕様に変更がある場合は全て異なるJANコードを設定します。同じJANコードの商品は在庫管理や売上管理等において、同じ商品として管理されてしまいます。
詳細は識別コード(GTIN)をご確認ください。

商品名が異なる場合 色が異なる場合
容量が異なる場合 素材が異なる場合
包装サイズが異なる場合 香りが異なる場合
味が異なる場合 販売単位が異なる場合等

「チェックデジット」を計算する

こちらをご参照下さい。

商品にJANシンボルを印刷する

JANシンボルは各事業者にて作成・印刷を行います。印刷業者に依頼するのが一般的ですが、市販のバーコード作成ソフト等を事業者にて用意をし、自身で印刷することも可能です。その場合は、読取精度がJIS規格(規格番号X0507)に合っているかを十分確認してください。JIS規格の入手方法はこちらをご参照下さい。
JANシンボルは基本寸法(横37.29mm、縦25.93mm)の0.8倍から2.0倍まで縮小・拡大できます。シンボルの左右の余白部分も含めて倍率を変えて下さい。

倍率を小さくしても印刷スペースがとれない場合や、包材の材質や印刷方式の関係で倍率を小さくできない場合は、バーの高さを削ること(トランケーション)ができます。この方法は、JISには定められておりませんが、年々スキャナの開発、製造技術が向上していますので、図に示す以上の高さを確保すれば、充分読み取れるようになってきています。
ただし、この方法は日本で流通する商品のみに有効です。商品を海外に輸出する場合には上記の定められた基本寸法及び縮小・拡大率を守ってください。

印刷上の留意点

JANシンボルの印刷をする上で以下のことを留意して行って下さい。

1)印刷位置

商品に印刷しやすい位置で、小売店のPOSターミナルのスキャナが読み取りやすい位置に印刷してください。

2)刷り色の選定

白地に黒いバーが最も望ましい。それ以外の色の組み合わせで印刷すると読み取りできないことがあります。とくに赤系統の色でバーを印刷すると、読み取りができなくなるので避けてください

(バーコード印刷の注意点を動画で見る:「JANシンボルを印刷する(2分))
(バーコード印刷について技術的な基本事項を説明:JANシンボル マーキングマニュアルPDF

JANシンボルの印刷位置・大きさ・色等は印刷会社とご相談下さい。
また、パソコンでJANコードの作成を行う際は、こちらの注意事項もご確認下さい。

商品を出荷する

納品先へJANコードを含む商品情報を伝え、商品を出荷してください。
商品情報をJICFS/IFDB(JANコード商品情報データベース)へ登録することも可能です。
こちらをよくお読み下さい。)


"JANコードホームページへ戻る

ページの先頭に戻る