JANコード、集合包装用商品コード(ITFコード)、U.P.C.のチェックデジットの計算方法

下記の入力フォームを利用し、JANコードや集合包装用商品コード(ITFコード)、U.P.C.のチェックデジットを求めることができます。

使い方

計算したいコードの入力欄に、GS1事業者コード、商品アイテムコード等を半角数字で入力し、「計算」ボタンをクリックしてください。チェックデジットが自動計算されて表示されます。
計算結果につきましては、各事業者の責任のもとでご利用ください。

コードの種類 入力欄 チェックデジット
表示欄
JANコード 標準タイプ(13桁)
GTIN-13
 
12桁を入力

 
JANコード 短縮タイプ(8桁)
GTIN-8
 
7桁を入力

 
集合包装用商品コード(14桁)(ITFコード)
GTIN-14
GS1事業者コードの前にインジケータ1桁を設定します。
 
13桁を入力

 
U.P.C.(12桁)
GTIN-12
 
11桁を入力

 
  • JANコード標準タイプ(13桁)はGTIN-13、JANコード短縮タイプ(8桁)はGTIN-8、集合包装用商品コード(14桁)はGTIN-14 、U.P.C.(12桁)はGTIN-12と、それぞれ呼ばれます。
  • 共通取引先コードのチェックデジットは、ここでは計算できません。

JANコード 標準タイプ(13桁)のチェックデジットの計算方法

例えば、GS1事業者コード“456995111”、商品アイテムコードを“617”と設定する場合、チェックデジットは次のように計算されます。

JANコード 短縮タイプ(8桁)のチェックデジットの計算方法

例えば、GS1事業者コード“499687”、商品アイテムコードを“1”と設定する場合、チェックデジットは次のように計算されます。

集合包装用商品コード(ITFコード)(14桁)のチェックデジットの計算方法

例えば、インジケータ“1”、GS1事業者コード“456995111”、商品アイテムコードを“617”と設定する場合、チェックデジットは次のように計算されます。JANコードのチェックデジット計算式と同じです。

U.P.C. (12桁)のチェックデジットの計算方法

例えば、U.P.C. Company Prefix“0123456”、商品アイテムコードを“7890”と設定する場合、チェックデジットは次のように計算されます。

TOP