GS1 ジーエスワン 事業者コード・ JAN ジャン コードとは

「JANコード入門動画」コーナーで、JANコードについて、わかりやすい説明の動画を見ることができます。

GS1 ジーエスワン 事業者コードとは

GS1事業者コードは、国際標準の識別コード(GS1識別コード)を設定するために必要な番号です。
GS1事業者コードに、さまざまな番号を組み合わせることで、各種のGS1識別コードを設定することができます。たとえば、GS1事業者コードに商品アイテムコードを組み合わせれば"JANコード"(GTIN)、ロケーションコードを組み合わせれば"GLN"を設定できます。

GS1事業者コードは、国際的にはGS1 Company Prefixと呼ばれ、日本では「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号です。
日本の事業者がGS1事業者コードを必要とする場合は、当センターに登録申請することで、コードの貸与を受けることができます。
(GS1事業者コードの登録申請方法はこちらをご確認ください。)
(当センターは2012年4月より「JAN企業コード」の名称を「GS1事業者コード」へ変更しました。)

JAN ジャン コードとは

JANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別番号です。
JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、当センターから貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。
通常、バーコードスキャナで読み取れるように、JANシンボルというバーコードシンボルによって商品パッケージに表示されます。

JANコードとJANシンボルは世界共通の仕組みであり、多くの国で使用されています。
JANコードは日本国内での呼び方です(JANとはJapanese ジャパニーズ Article アーティクル Number ナンバー の略)。
国際的にはEAN イアンEuropean ヨーロピアン Article アーティクル Number ナンバー )コード、あるいは、GTIN ジーティン -13、GTIN-8と呼ばれます。(「GTIN」参照)

JANコードの体系

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。
標準タイプ(13桁)は、GTIN-13、短縮タイプ(8桁)はGTIN-8と呼ばれることもあります。
JANコード標準タイプ(13桁)は、①GS1事業者コード(9桁または7桁)、②商品アイテムコード(3桁または5桁)、③チェックデジット(1桁)で構成されています。

JANコードの作成方法はこちらをご確認ください。

TOP