セミナー・イベント

医療用医薬品・医療機器バーコード入門講座

「医療用医薬品・医療機器バーコード入門講座」お申込みページ 

GS1ヘルスケアジャパン協議会オープンセミナー(無料)終了しました。
いよいよ現実味をおびてきた医療製品のトレーサビリティ
~GS1標準のバーコードを医療機関でどう使う~

GS1ヘルスケアジャパン協議会オープンセミナーは、お陰様で、多数の方にご来場いただき、盛況のうちに催しを執り行うことができました。心より感謝申し上げます。

セミナー内容のPDFはこちらでダウンロードできます

現在、日本を含め世界各国で、GS1標準のバーコードの表示が進められています。バーコード表示は、医療機関内における医療製品の管理を行う上で欠かせない基盤となるものであり、医療機関でのトレーサビリティを行う環境が整いつつあります。
GS1ジャパンヘルスケア協議会では、この状況を広く皆様にご理解いただくとともに、GS1標準のバーコードを利用している医療機関での活用事例をご紹介するため、本オープンセミナーを企画いたしました。ご興味ある方は是非ご参加ください。


日時

2017年3月14日(火)13:30~17:00(受付開始13:00)


プログラム ※変更となる場合があります。

テーマ(仮) 講師 時間
開会挨拶 GS1ヘルスケアジャパン協議会
会長 落合慈之先生
13:30–13:45
バーコード表示の現状と今後の取組について 厚生労働省医政局経済課
流通指導官 矢野健太郎様
13:45–14:00
GS1ヘルスケアジャパン協議会活動報告
医療機器のバーコード表示に関するガイドの作成など
GS1ヘルスケアジャパン協議会
 部会主査 中田精三先生 他
14:00–14:25
医療機関での利用例
医薬品のGS1データバーと合成シンボル
東京医科歯科大学医学部附属病院
薬剤部 髙橋弘充先生
14:25–14:50
休憩
医療機関での利用例
医療材料のGS1-128シンボル
東海大学医学部付属病院
麻酔科 澤田真如先生
15:00– 15:25
医療機関での利用例
医療機器等のGS1データマトリックス
新潟大学地域医療教育センター
魚沼基幹病院
手術室 梅澤朋子先生 
15:25- 15:50
医療機関での利用例
標準コードの利活用とその可能性
京都第二赤十字病院
消化器科・医療情報室 田中聖人先生
15:50–16:15
パネルディスカッション
 
GS1標準のバーコードを医療機関でどう使う
―医療従事者からの提言
GS1ヘルスケアジャパン協議会 会長 落合慈之先生(進行)
市立伊丹病院 中田精三先生
東京医科歯科大学医学部附属病院 髙橋弘充先生
東海大学医学部付属病院 澤田真如先生
魚沼基幹病院 梅澤朋子先生
京都第二赤十字病院 田中聖人先生
16:15–17:00
閉会

定員

300名

※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※申し込み多数の場合、各社で受講人数を制限させていただく場合がございます。


受講料

無料


会場・お申し込み

品川フロントビル会議室
〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル B1階
http://front-c.jp/access/

定員に達しましたので、受付は終了させていただきました

主催

GS1ヘルスケアジャパン協議会
TEL:03-5414-8535
Email:dsh16@dsri.jp