商品メーカーのみなさまへ

JICFS/IFDB登録のメリット

自社商品のJANコード付番管理

JICFS/IFDBに商品情報を登録することにより、いつでもJICFS/IFDBから自社商品の登録状況が入手でき、JANコード付番管理に役立てることが出来ます。

商品情報提供作業の効率化

個々の取引先に対する商品情報の提供作業を軽減出来ます。

自社商品のPR

自社商品情報をJICFS/IFDBを利用している全国の卸・小売業に伝えることが出来ます。

JICFS/IFDBへの登録方法

可能な限り、商品が市場に出される前にJICFS/IFDBにご登録いただくようご協力ください。

簡単登録シート(Excel)での登録

エクセルファイルに商品情報を入力し、メール()で送る方法です。複数の商品情報を登録する際に便利です。詳細は「簡単登録シート登録の手引き」をご確認ください。

登録票での登録

紙の登録票に商品情報を記入(登録票1枚に1商品記入)してFAXで送る方法です。
詳細は「JICFS/IFDB登録の手引き」をご確認ください。

<JICFS/IFDB登録票の送付先>

JICFS分類

JICFS用の商品分類コードである「JICFS分類」のコード一覧や、「JICFS分類」の分類基準は以下のリンクからダウンロードしてご確認ください。

JICFS/IFDBコードセンター一覧

JANコード商品情報のご登録は下記JICFS/IFDBコードセンターまで・・・

住所

TOP