GS1 Japan Scan アプリ

GS1 Japan Scan

GS1アプリケーション識別子(AI)を表現できる各種バーコードが、国内のヘルスケア業界のルールや、食品原材料ガイドラインに沿ったデータかどうかを簡易チェックできます。

こんなご要望はありませんか?

メーカーのバーコード設計、印刷担当者
 「作成したGS1データバーやGS1 QRコード等のバーコードを簡単にチェックして、誤ったバーコードの流出を防ぎたい…」
入荷業務の担当者
 「入荷商品のバーコード読取り時に不具合が生じた際、バーコードに問題があるのか、印刷品質に問題があるのか、あるいはリーダ/受入れ側のソフトに問題があるのかを手軽に切り分けたい…」
GS1標準バーコードを用いたシステムの導入検討者
 「GS1標準バーコードの読取りとデータ表示のデモンストレーションを行い、システムの導入に向けた検討につなげたい…」

⇒ 「GS1 Japan Scan」をご利用ください!

できること

1.代表的なバーコードを読取り、GS1標準バーコードかどうかを確認することができます。
例:見ためでは区別がつきづらいCODE128とGS1-128シンボルの判別

2.国内のヘルスケア商品(医療機器・医療用医薬品)、食品原材料のバーコード表示ルールに合致しているかどうかを確認できます。

厚生労働省の通知に基づく国内のヘルスケア業界のルール、あるいは食品原材料ガイドラインで指定または推奨されているバーコードの種類であるかをチェックします。
厚生労働省の通知に基づく国内のヘルスケア業界のルール、あるいは食品原材料ガイドラインで指定または推奨されているデータ項目名で表示し、データが揃っているかどうかをチェックします。
例:食品原材料のデータ項目名の本アプリでの表示例  ※括弧内の数字はAIです。
  (01) ⇒ “商品コード”
  (17) ⇒ “消費期限日”
  (10) ⇒ “ロット番号”
バーコードデータの簡易チェックをします。
現在、チェックできる項目は以下の2つです。
 ・GTINのチェックデジット(読み誤り防止のための数字)が正しいか
 ・目視文字に表される括弧がエンコードされていないか

注意事項

 本アプリはバーコードのデータフォーマットを簡易チェックするものであり、以下の機能は備えていません。
 ・バーコードの表示サイズや印字品質のチェック
 ・全てのAIのデータ項目の表示(よく使われる主なAIにのみ対応。詳細はこちら
 ・各AIで定められている使用可能な英数記号を用いているか

そのため、本アプリで読取ることができたとしても、 そのバーコードが「流通させて問題のないバーコードである」とは限りません。
印刷品質等の評価は「検証機」で行う必要があります。

詳細はこちらをご覧ください。


必ず下記リンク先の利用規約をご一読いただき、同意された上で本アプリをご利用下さい。
ご利用規約

↓↓ダウンロードはコチラから↓↓

iOS版
Android版
Google Play で手に入れよう

TOP